昭和のまちのバイローカル・よき商いを地域で守りそだてるムーブメント

洋服と雑貨のオーダーやお直し・リメイクのcoromo

良店紹介

160521 バイローカル facebookページ 桃ヶ池長屋 coromo
バイローカルパートナーズの小山です。いつも勝手に昭和町のことを『上質な下町』と言い続けていますが、それを口にするたびに思い浮かべるお店がこの『coromo』です。
桃ヶ池長屋(阿倍野区桃ヶ池町2丁目)のcoromoさんは、洋服と雑貨のオーダーやお直し・リメイクなどのお店として、今から4年ほど前にオープンしました。
大阪市内では珍しい通り庭のある昭和初期の長屋で、リノベーションされた空間にハンドメイドの机や棚がならび、洋服や雑貨が展示されています。今日も開け放たれたガラス戸から中庭に心地よい風が通り抜け、布地が風にゆれていました。
オーナーの田中さんは、ウェディングドレスのアトリエにお勤めだったこともあり、結婚式で着る自分のドレスをひとつひとつ教わりながら手縫いされる方もいらっしゃると聞いています。
時間とお金を一瞬にして消費してしまうお店じゃなくて、店とお客さんが時間を共有するようなお店こそが良き商いかなと思っています。たいせつにしたいお店です。
coromo
http://www.atelier-coromo.com/

良店紹介