昭和のまちのバイローカル・よき商いを地域で守りそだてるムーブメント

バイローカルとは

バイローカルとは

大阪市阿倍野・昭和町周辺で取り組むバイローカルは、地域の素敵な商いを私たち生活者が知ることから始まります。

そしてそれらのお店を積極的に継続的に使うことで、良い商いが残り育ち、新たに良き商いが発芽し、そのことで地域がより魅力的になる。結果そこで暮らす人の生活の質を高め、そして多くの人が住みたいと思うまちとなり、地域の資産価値を向上させる取り組みです。

大阪市阿倍野・昭和町周辺には、地域に根ざした特徴あるお店や魅力的なカフェや飲食店、モノづくりやデザイン事業所等、まちの魅力となり地域の暮らしに貢献する商いがたくさんあります。

昔ながらのお店は伝統を培い地域に品を与え、新しく生まれた商いは地域に新しい風を吹き込んでいます。

地域に根ざす商いは、食の安全や安心、地域の助け合い、子育てや教育、地域経済や働く場、古い建物の再利用など、直接、間接に地域に貢献し、私たちの生活を魅力的なものにし、地域の価値を向上させる存在であるという信念のもとバイローカルムーブメントに取り組んでいます。

ぜひみなさんもバイローカルに参加しませんか。

ビーローカルパートナーズ一同

山本英夫(戎橋筋商店街振興組合事務局長・大阪府立大学観光産業戦略研究所客員研究員)

小山隆輝(丸順不動産株式会社)

松峯哲也(大長ハウス株式会社)

桂幸一郎(桂幸一郎設計事務所)

伴現太(連・建築舎)

加藤寛之(株式会社サルトコラボレイティヴ)

三浦麻理子(STAYlocalファウンダー)

土居直人(大手設計事務所所属)

 

バイローカルとは

同じカテゴリーの記事5件