バイローカルは身近なよき商いを地域で守りそだてるムーブメント

話題のコフン(糊粉)層を残して精米した、花谷米穀店の新米を食べてみました!

良店紹介 , , , , , , , ,

こふん層のこと、前回のブログで紹介しました。

ぬか層(お米の外側)は味にくせがあるけど栄養価が高く、でんぷん層(お米の中心=白米)は栄養が限定されるけど美味しく感じる。その両者の間にあって、栄養価も旨みもある「コフン層」を残す方法で精米されたお米を実際に味わってみました。

   

今回の銘柄は奈良の「ヒノヒカリ」です。1㎏で440円(税込)。これを2㎏(1.5升)小袋で買わせていただきました。新米でこの精米方法でこの価格!

 

ヒノヒカリは小粒ですが(その上、今年は全般に小粒のできだそうです)、コフン層を残している分ふっくらと炊きあがります。新米なので水の量を控えめにしました。

 

炊きあがりの姿がこれ!食してみると、とっても旨みを感じます。お弁当の冷ごはんでも旨みは変わらず。食感がしっかりしています。(写真は菊芋の天ぷらで天むす!)

  お米お米の表面を少しずつ精米する方法なので、ぬかの色が徐々に白くなっていくのがわかります(左の写真の濃い色がお米の糠層の外側、白い色が内側)。この色をみながら「コフン層」を残すタイミングを見計らうのがマイスターの腕のみせどころ。お陰様でビタミン、繊維質、オリゴ糖など栄養価が高くて美味しいお米をいただけます。

次は、特別栽培米のコシヒカリを2㎏買い込んできました。こちらはキロ500円です。食べるのが楽しみ。最新情報はフェイスブックで!

元氣屋 花谷米穀店 営業時間/ 9:00ー19:00 日祝休み 0120-06-1148   東住吉区山坂2-5-11 最寄り駅/JR南田辺駅より徒歩2分

良店紹介