昭和のまちのバイローカル・よき商いを地域で守りそだてるムーブメント

迫り来る本棚の森『居留守文庫』

バイローカル2017参加店

 

文の里駅から徒歩4分ほど。
静かな住宅街にある古書店です。
もともと演劇人だった店主が、その表現活動の延長線として開いたお店。
以前、どっぷり昭和町に参加されたときには、本棚を担いで文の里商店街を練り歩いたり、四方を本棚に囲まれた空間に店主が身を潜め、本の隙間からお客さんとのやりとりをするというパフォーマンスなども。

2013年の4月に開業。
昭和町界隈の本屋さんがほとんど閉店してしまった中、今年5年目の居留守文庫さんの存在は街に必要不可欠なものになりつつあります。
古い長屋をリノベーションし、手作りの本棚に囲まれた空間は本好きにとっては天国のような場所。
訪れるたびに本棚のレイアウトが少しずつ変化しているのも楽しみのひとつです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
店舗名/居留守文庫
営業時間/10:00-19:00
定休日/火曜日
所在地/大阪市阿倍野区文の里3-4-29
電話番号/06-6654-3932
最寄り駅/地下鉄谷町線 文の里駅より徒歩4分
Twitter:https://twitter.com/irusubunko
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイローカル2017参加店