昭和のまちのバイローカル・よき商いを地域で守りそだてるムーブメント

洋食「キッチンまえだ」はランチとディナーと、一品メニューに注目!

バイローカル2017参加店 , , ,

以前の記事も合わせてどうぞ(2016.1)

 

  

筆者はこの店で、ロースとんかつと吟醸酒を頂くのがいつも楽しみ。独自のルートで仕入れている沖縄在来の島豚は、甘くて脂肪分が溶けるような口当たり。キッチンまえだは、洋食店定番のランチやディナーメニューはもちろん充実しているが、黒板にある一品料理には刺身や煮物、ピザなどオリジナルメニューがずらっと、手頃なお値段で楽しめる。ソースがよくからんで食感がよい生パスタもおすすめ。

 

フレンチのシェフのキャリアが長い。縁あって従事した淡路島のリゾートホテルで震災を経験、炊き出しにトンカツを提供したら喜ばれた。西田辺の今のお店を開業した時、ほっこりと家族で楽しめるお店にと「洋食店」を選んだ。一人でも夫妻でも、家族、グループでいろんなシーンで気軽に利用できる、まちのダイニングのようなお店だ。

 

バイローカルマーケットでは、得意の島豚をスモークした特製サンドイッチを検討中!お楽しみに。

11:30am〜14:30pm(LO14:00)
17:30pm〜22:30pm(LO22:00)
毎週水曜日と、第2・3木曜日の夜が定休
阿倍野区 西田辺町1丁目4-4
06-6691-4700
西田辺駅から歩いてすぐ
カウンターとテーブル席。貸し切りは最大23人まで可能。ご予算と好みやイメージを伝えれば店主が考えてくれる。(ボリュームはたっぷりです)

Facebook:西田辺洋食「キッチンまえだ」

            

店主は地域では青少年指導活動に貢献する日々。

以前の記事も合わせてどうぞ(2016.1)

 

バイローカル2017参加店